ちゃんちきざんまい
Naomyの頭の中から流れ出すモノ・・・

スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DoYou☆Remember? 
2008.09.15 Mon 11:48
あー。あーあー。
チェック、チェック。マイクチェック。ワンツゥ、ワンツゥ…。  ごほっ。

おぼえていますか?
君と過ごしたあの夏に失くしてしまった、麦わら帽子。
未だあの日のまま、輝きながら記憶の谷間を ふわふわと泳いでいます。
大好きな色のリボンで飾られた、お気に入りの麦わら帽子。
グラスの中の氷がはじけて 君が真夏の太陽と重なった、その瞬間。
麦わら帽子は突風に吹かれ 眩しいばかりの大空へさらわれていってしまいました。
何も出来なかった。ただ、何も言えずに見つめる事しか出来なかった。
シルエットに隠された君のさみしげな表情を。
あれから幾度も夏は過ぎ、これからもやって来る事。
色褪せない後悔を追い駆けて、今をモノクロにしてしまっている事。
新しい帽子を買いました。
鮮やかな色で縁どってある、とっても素敵な帽子です。
まだちょっと照れくさいけど、きっと誰よりも似合うはず。
君のいない夏、きっと誰よりも。

『おかぁーさーん。これゴムつけといてぇー。』


ほんの少し陽射しが柔らかく 雲が流れ始めた今日此の頃ですが、
YO!フレンズ&BOYS&GIRLS!御機嫌如何でしょうか?
鼻の頭で蝉がギャーツクギャーツク鳴くもんだから、極渋のしかめっつらにて
夏眠から起こされて、枕元の蝉のヌケガラをざっくざっくと掻き分け探し出した携帯が
着信ゼロだったもんで ふて寝の二度寝をかました、イチムラっす。
いやいや、危ね。夏眠のつもりが永眠になるとこだった。。。
もうね、ほんとヤダ。夏の暑すぎ糞野郎だわ。
よりによってそんな時に大好きだった風景が消えてしまった。
すっくとそそり立つ2本の間から ちょうど朝日が昇るその風景を、まるで都合の良い
ゴールに見立てて ユーmingの曲を脳内再生しながら何度涙した事か。
何をゴールに決めて何を犠牲にしたのか解らないまま、
47.5メートルの2本の煙突は この夏に消えてしまった。
それからとゆうもの記憶にあるのは、放送禁止用語をブツブツ吐きながら 鈴虫の為に
南瓜スライスを串刺しにした事と、、、、、はて? ほかに何か?
んん?…モスちゃん?はいはい、モスちゃんねぇ。
それは、『何も言えねぇーーーーーーー!』
はいッ。
なんてったって夏眠から目覚めたばかしといふ事で、まずは腹ごしらえだろ。
1.脂ののった秋の旬物を勢いよくフライパンに放り込んだ。
2.思いがけず反撃を受けた。
3.大火傷のダメージをくらった。
4.アロエを適当な大きさにカットした。
5.患部に貼り付けた。
6.くぢけた。
-終了-

忘れちゃった事、忘れてしまいたい事、忘れたくない事、忘れられない事。
それぞれ、さまざま。そのプロセスをおぼえてればいいんぢゃね?
あたしがやっぱ忘れられない事・・・・・(むぎゅむぎゅ。ぷにゅう。。。妄想中。
待っとけ!糞野郎!!ちゃお!!!
 





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。