ちゃんちきざんまい
Naomyの頭の中から流れ出すモノ・・・

スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冗談は顔だけにしてくれ☆ 
2010.07.23 Fri 08:48
また逢う日まで。逢える時まで。別れのその訳は話したくない。

おいおい。
冗談だろ?冗談だろっていってんだよ!?


『 hole彼方やflower巻きかな。花香の房かn 』
 ↑
ある朝目覚めると、握りしめてた携帯の未送信メール画面に打たれていました。
どんだけメルへンなんだよ。。。


ふふふ。愛が足りないね。
どおも、御豚さんでしゅ。夏休みの日直番長イチムラっす。
まぁ、何はともあれ、あれだ、 、、、 夏休みだから。
モスちゃんてば お休みっぱなしで、ほんまにこのままあぼーんかッ!!!
ガリガリ君のハズレ棒にかなぶん乗っけてゲラゲラ笑ってる場合ではないよねん。
ところで、かなぶんって かっこいいよね。超合金みたいでさ。
んでもって ウチのチョーキング番長は超合金化で超ゴキゲン。←早口言葉かッ。
なんでも鎖骨と肩甲骨のアンドロイド化に成功したみたいだよ。
いいなぁ、メーテルの身体って やっぱ$●%&▲#だった?と訊ねたらば
アフォか!ショッカーに拉致られバッタにされる寸前に命からがら逃げてきt…ウンヌンカンヌン。。。
だってさ。
ふ~ん。そっちかぁ。。。

まぁいいや。
ウチのメンバもひとり、おんなじ肩にボルトはいっちょるし。
せいぜい空港の探査機をピーピー鳴らせばいいさ!
おいおい、自分のジャラジャラ感を置いての振る舞いかっ、ってか、僕達何処に逝くの?




壊れてしまったモノを ひたすらに戻そうとしている毎日。
その為ならば その顔が泥と埃にまみれカサカサになったとて、最高の笑顔で笑ってみせた。

ある夏の夕暮れ。
堤防沿いに続くテールランプが音も無く通り過ぎてゆく。
生温い風がやんだ。まさに街も山も河も空も全てが闇に包まれようとする時だった。
 『  疲れたよ。 』

あれから上手く笑えなくなった。
無理して笑ってみせる事もなくなった。
そうなると、とんでもなくイビツで無様な格好を晒しているコレが、
あんなに守りたいモノだったのかと思うと 泣けてきた。
泣きながらも笑えてきた。おかしかった。
だって、本当に笑うしかない程こっけいで不細工な顔だったんだもん。

『 やぁ、はぢめまして。』
認める事には勇気がいる。時には残酷な決別もついてくる。
でも必ずその先がある。
怪我をすれば ヨシヨシと誰かに慰めてもらうのもいい。
傷口をペロペロと自分で舐めて治癒力の神秘を確かめるのもいい。

ただ、傷痕は認めてやれよ。

これからまた、ひたすらな毎日をはぢめたい。
朝はツラいけれど ありがたい事に明日はやって来てくれる。
闇に包まれたあの感触も恐怖も覚えてる。
だから、またはぢめっから毎日をはぢめられる。
ずいぶんとブサイクな毎日だけどね。




もうちょっと。もうちょっと。
ちゃお。










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。