ちゃんちきざんまい
Naomyの頭の中から流れ出すモノ・・・

スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Knockin' on ☆ Heaven's Door 
2010.02.15 Mon 08:00
なぁ、カーテンを閉めてくれないか。

ささくれちまった感情をなぞって 放置自転車の鍵を蹴り上げた。
油のきれたギアは まるであの罪の深さのように心拍数を加速させていく。
あの頃はよかった、なんて冗談にもならないいいわけをする心算もないが、
その昔 四角四面な世の中だと嘆いていた詩が、ふいに唇を動かした。
パレットの上に塗りたくられたまんまの夢の残骸たち。
全てをごちゃ混ぜにした、たとえ様の無い色彩で冷たく見下ろすだけの空には
この胸の迷いの数だけ穴があいていた。
それは実に醜くて生々しく 底なし沼の様に口を開けている穴、穴、穴。
ポケットから煙草を取り出して、ZIPPOの乾いた音で周りの空気を振動させた。
さっきまで取り巻いていた雑音が止んだ。
もう何も聞こえない。
風向きを確かめ、銀の弾丸を込めて、燻ぶる右手をかざした。
くそッくらえぇ!!!!!

負け犬なんかにはなりたくない、そう言ってこの部屋を飛び出して行った。
アンバランスなバランスを保ち その刹那的なバランスは魅力的だった。
ブルーベリー味のチューインガムをかみながらKISSをした。
No.7のバーボンボトルに芽吹いたばかりの小さな幸せを詰め込んで窓際に飾り、
光と影のスクリーンに見立てて 毎日眺めていた。
いつまでたっても完成しないジグソーパズルをステージにして 流行の歌でおどけてみせた。
どうしても見つからなかった最後の1ピース。
それはそれでよかった。
未完成なまんまの今がそこに在れば、それでよかった。

なんであの時は飛べると思ったんだろう。
なんであの時は走れると思ったんだろう。
そんな当ても無い問いかけに 一体どれだけの無駄な時間を費やしてしまっただろうか。
もちろん背中には翼は無く、身体には黒い鉛が埋まったままだが、
確かな事がたったひとつだけある。
この惑星は漆黒の闇の中で美しく光り輝き、大気が生み出す風の使者達は歌を歌う。

何度も何度も一心不乱に撃ちまくった。
その度に強い衝撃が奥歯を砕き、何時の間にかフィルターだけになった煙草には
ジっとりとぬるい鮮血がにじんでいた。
無音のまま、ただ静寂さを装うだけだった鼓膜の奥の方で 懐かしい鐘の音が響きだす。
低く垂れ込む雲を貫き あの穴をめがけて幾度も発射される銀の弾丸。
嘲笑うかの様に、不気味な存在感を放つ穴、穴、穴。

なぁ、あとどれくらいヤレるだろうか。

その答えは明らかだった。
銀の弾丸は金の弾道を導き、一直線にこちらへと向かって差し伸べられ
目を開けていられない程に眩しい光のシャワーが降り注がれた。
心地よい痛みとやわらかな疲労感を覚えたまま、
天井に向かって空しく伸ばされた右手で目覚ましのアラームを止めた。

なぁ、たのむからさぁ、
なぁ、カーテンを閉めてくれないか。



二度寝なんだ。ふーん。。。 ちゃおぉぉぉ。









ビビディバビディ☆ブー 
2009.12.12 Sat 09:47
『 サラガドゥーラ メチカブーラ ビビディバビディブー
  あんたなんかキライよ かおもみたくない プン! 』

魔法の呪文をゲットしました。
ただ、使い方がわかりません。
適当に片足つま先立ちでクルリンッと華麗に一回転し、
右手に持ったスルメの足をちょいとくわえてニッコリと微笑んでみました。

ちゃんちきのテンプレが変わりました!!!

す、すげえええええ。
この調子でどんどん世の中を変えていこうと思います。(あたし中心の半径3m以内に限る。)
洗濯モン乾けぇ~ 地デヂになぁれぇ~ BEER買って来いぃ~ 背のびろぉ~ えい。
いやいや、あのね。
ほんの些細な日常の中で ほんの小っちゃな幸せを。
そんな積み重ねを誰かと分かち合えたなら。
ぷっちんプリンいちご味のCMに本気でTVに向かってブーイングするあたしぢゃダメですか?
いちいちTVの中の動物に台詞をつけて笑ってるあたしぢゃダメですか?
最近ずっとTVに向かって話しかけてるあたしぢゃ、ダメなんですかああああ?
あぁ、そうですか。
弱音を吐けない女の逆ギレがどんなに醜いかを御存知ですか?
あぁ、そうですか。
。。。
だったら、もう少しだけ優しく接してクダサイ。 ハイ。

なにかと世知辛い世の中ではありんすが、ひょっとしてまんざらでもない事もある。
自分を褒めてやろう…って、今迄どうしてもそんな気にはなれんかったけど。
よかった。生きててよかった。歌っててよかった。また逢えてよかった。よかった。
奇しくも このちゃんちきの最初に記した歌を歌う彼は、やっぱしかっちょよかった。
あの頃のまんまではなく、ちゃんと歳を重ねた歌達がそこにはあった。
そういえば。
センセエに「明日から風邪をひくのでしばらく休みます。」とちゃっかり届けを出して
飛び乗ったはぢめての東京行きの新幹線。ヘッドフォンからは『コンクリートリバー』。
友達とはぢめて組んだBANDでコピーした『俺の声』。
コード3つ覚えて はぢめて独りで弾き語った『このままが』。
そして今、思いがけず とびっきり素敵な御褒美をもらえた気がした。
そっかぁ、たまにゃあ自分をちゃんと褒めてやってもいいんだなぁ。。。
ぽわ~ん。
なんだか もうちびっとかんばれそうな気がしてきたよ。

 『 どんなに魔法の呪文を唱えても、君の心には届かないってゆうのかい?
    そっか。 僕はもうすでに 君の魔法にかかってしまってるんだね。 』

てへ。 ちゃあおぉ。







   

MAYBE☆TRUE 
2009.11.06 Fri 10:00
もう、ほんまにヤダ。 ヤダヤダヤダ。
あれもヤダ。これもヤダ。それもヤダ。 な~んもか~~んもヤダ。
こんちや。ぼくヤダえもん。テレレテッテレ~♪ 『すーいみーんどーにゅーざ~い。』
  こらこら。そんな物騒なもん出すんぢゃありません。
ぢゃ、もっかい。テレレテッテレ~♪ 『さーんおーくえ~ん。』
  おい。さっきおごった焼きそばパン代よこせ。
ううーん、、、テレレテッテレ~♪ 『ひと夏の思ひ出~。』
  目指すはTOKYO‐お台場。あの方専用、赤い彗星仕様モビルスーツにて挑む為に
  日々トレーニングを欠かさず、朝起きればスクワットと二度寝。
  朝食にプロテインと煙草。42.195kmのランニングとコンビニで立ち読み。
  昼食にプロテインと煙草とアイス。ロッキーのテーマでベンチプレスと扇風機の前で
  宇宙人の声真似。夕食にプロテインと煙草とアイスと塩辛。
  風呂上りには柔軟体操とビールと芋焼酎。夢の中では戦闘イメトレとイケナイ妄想。
  ポスカ色番号23カーマインレッドを1ダース塗り上げて(ガムテ部分をちょっと失敗した)
  満を持して いざ出陣!と相成りました残暑厳しき9月の折、、、
  ありゃ。ありゃありゃ。アイツ、どこいったん?
  ねぇねぇー。アイツ、どこいったんーーー?
  ・・・。
  部屋を占拠する まっかっかの粗大ゴミと、イケメン水道屋さんから
  プレゼントして貰った蛇口を眺めながら、30代最後の夏は過ぎ去って逝きました。
  ・・・。
テレレテッテレ~♪ 『はーんかち~。』
  あれ?目から水が?おかしいや、この水しょっぱいや。あは。あははは。。。


にっちもさっちもどうにもポメラニヤンな毎日だけど、今日も元気だ。
来年の手帳やカレンダー売り場に遭遇すると 奥歯がズキンッとうずき出すや。
人肌恋しさに街をうろつけども、まるでバケモン観るかの如く世間はすれ違う。
なんだ、今夜はえらく明るい月夜ぢゃねえか、と天を仰げば そのままダイブ。
まるで地球を背負ってるみたいに引力が細胞を引きちぎる音がする。
チカチカ眩しい目の前の風景に、手をふる君の姿を浮かべて遊ぼうよ。
何万光年も先で輝くあの星に 缶カン置きに一緒に行こうよ。
せぇ~の!で、無重力な世の中に思いっきし缶カン蹴り上げてやろうよ。
そんで手をつないで仲良くトンズラさ。もう誰も邪魔は出来ないよ。
ほら、流星群に飛び乗って、熱いソイ・ラテで乾杯をしよう。
そうだ。三流にもならない拙い詩だけれど、ロマンチックなこの気持ち 聴いてくれるかい。
ギターはへたっぴだからタンバリンで歌うよ。

『ヒューン・・・ズッギャーーーーンーーー!!!!!』

『あッぶねえ!』 『!!!』 『ビームライフル!?』

アーイーツーかよーーー。
うわぁ、缶カン立ててるしぃ。。。 オニかよぅ。。。
ごめん。どうしてもヤんなきゃいけない事があるんだ。

かくして、宣戦布告の狼煙をあげていきがってみるものの すぐにくぢけて、
ズタボロ雑巾の様に路地裏で転がっていたところを ひょんな事から
無気力な未来型ロボットに助けられ、必ず毎日一度のブラッシングを条件に
ちょっとおかしな同居がはぢまり、すったもんだありながらも満更でもない日々に
一喜一憂する、それはまた別のお話。   ちゃお。





  
かくかく☆しかぢか 
2009.05.14 Thu 06:16
あ、どおも。
・・・はぁ? あ、はい。 ひきこもりのイチムラっす。
・・・あ? あぁ、まぁ、ぼちぼち。
・・・へ? いや、勘弁してくださいよ。   生きてるッスよ。



チッ、チッ、チッ、チッ・・・(秒針の音

いいかッ!!!とにかく時間が無いから1回しか言わねぇからな。
耳の穴、かっぽぢって よーくきいとけよ。
『 GO! 』の合図で、絶対にうしろを振り向かずに走るn・・

す~け~汁、どっっっかぁーーーーーん!!!


■ 2009年5月15日金曜日
■ 岡山PEPPER LAND
■ OPEN 19:30 / START 20:00

■ フジタユカ
■ BOMB KETCH
■ Rrose selavy/celine
■ モストン ( Vo.Ag イチムラ ・Ag ヨコヤマ )
■ FOG OF 3


ちッ、ちくしょう、、、震えがとまんねえ。。。
こんなザマぁ、少年ジョージが しゃばに出て来た御姿を拝んだ時以来だぜ。。。
ふっ。 ぢゃぁ、待ってる。
  ちゃお。。。






此処ではない☆何処かへ 
2009.01.09 Fri 12:13
   明けましてどうも御目出たう御ぢゃりモス。
   2009年もどうぞ夜露死苦御願居モー死↑モス。


はいッ。と、ゆうわけで 2009年がはぢまりました!
へっ? もうとっくに、はぢまっちゃってるって?     ・・・ふんっ。
あ゛~~~ (両手で両耳をバサバサしながら) ナニモキコエナイヨ~。

改めまして、YO!フレンズ&BOYS&GIRLS! アロハー。
正月といえば、やっぱワイハ~にかぎるねぇ。 やっほぉぅ!ひゅぅひゅぅ!!!
・・・・・。  御好きなやうにツッコンデ頂ければ幸いで御座居モス。
2009年の抱負なんて大した志を掲げるつもりは 微塵も御座居ませんが、
『 空と海の青さの違いで僕は泣いたりする 』そんな大人になりたいイチムラっす。
あぁ、ましゃ。それは情緒不安定なんだよぅ。。。などと野暮なツッコミは御法度だぜ。
日々当たり前の事の中に 今更ながら胸のココんとこがキュンとしちゃうやうな、
感性・発見・感謝・感動って、なんか なんか素敵やぁん。  ぽわ~ん。
そいや、昨年大晦日のお話ですが。
まさにカウントダウンの瞬間にあらゆるシチュエーションが息を呑む頃、
なんか御偉い様の雄叫びかのやうに 大玉連発打上げちゃってましたよ、チ○リ。
とりあえず うちの天守閣から、その最期の勇姿はしっかと見届けてやったぜ。
問題は、これからどうすんの…だ。
はーい!はぁーい!せんせぇ、はーい!  はい、チミ。
なんてったって(…みなまで書かんぞ、絶対書かんぞ。  アイd・・・。)
あの緑豊かな公園のお花畑は壊さないで欲しいんですっ。
是非!其処に3745わんこにゃんこが暮らせる、極楽わんにゃんハウスをーーー!!!
あたたかい~人の情けぇも、胸を打つ~熱い涙も、知らなぁいで育ったボクはぁ・・・
Dooooo~。(泣)   あると思いモス。

昨年は無念の不発により、世界妄想選手権出場を逃してしまいやした。
せせこましく会計を済ませたコンビニから足早に立ち去り、運転席のドアに手をかけた
その時、誰かに呼ばれたような気がした。
白い吐息が消え行くその先に ニカッと halfmoon が笑っていた。
『そうだね、行かなくちゃ。此処ではない、何処かへ。』
リズムよくシフトチェンジし、軽くひとつ深呼吸をして いつものガソリンスタンドへと
右ウインカーを出した。セルフ給油の操作パネルがヴァージョンUPしていた。
省エネだろう、それまで真っ黒だった画面が その前に立つと
品の好さげなおねぇさんの「いらっしゃいませ」の御声と共に光りだした。
文明の進化に感心しながら 給油を続ける女の耳に、「いらっしゃいませ。」 
何気に視線を光りだした隣のパネルへ。 『 ? 』 そこへまた、「いらっしゃいませ。」
「いらっしゃい…」「いらっしゃいませ。」「いらっしゃいませ。」
『!!!!!!』
デパルマよろしく、深夜のGSに木霊する6台の「いらっしゃいませ。」と、
そして成す術もなく満タンを待つ女がひとり。
そう、女以外誰も居ないはずなのに・・・

とっとと尻尾巻いておうちに帰りました。
やれ、おとなしく年賀状でも書こっかな。←これこそオカルト発言だね。
んんぢゃぁ、またな。 ちゃお。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。