ちゃんちきざんまい
Naomyの頭の中から流れ出すモノ・・・

スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とんがり☆きっず 
2008.05.19 Mon 13:38
『ねぇ、あの雲さぁ、スクラップアーミーみたいぢゃね?』
『はぁ?何言ってんの。999あるってか?ひゃひゃひゃ。ばっかみちょう。』
『なんかさぁ、だってさぁ・・・。』
『だってなに?・・・泣きたいのかーい?』
近所にある社宅アパートの屋上で、君は買ってきたばかりの宝島に目を輝かせていた。
僕は仰向けに寝転がり、ただ目の前の果てしなくでっけぇ世界に右手を突き出していた。
隣の公園で駆け回るガキんちょの奇声。油のきれた自転車のブレーキ音。
山田のばばぁが勝手口の木戸を力任せに閉める音。  『・・・ったくよぅ。』
少し霞んで見える駅ビル街からは 程よく行き交う雑音が吹いてくる。
この場所は僕の唯一の場所、この頃はふたりの特別な場所だった。
何かがあればチャリキ2ケツで此処へ持ち寄り、何も無けりゃぁ此処へナニカを探しに来た。
何処までもたわいの無い会話で笑い転げ、ほんの些細な感覚をはじき合わせた。
ただ、漠然とした先の事 ましてや将来の夢なんぞの話は決してお互い口にはしなかった。
貫く程の青の青さに全身を撃たれ、このままぢゃいけないって事に気付いたふたりには
青臭さ故の もろさってヤツが、なんとなく とてつも無いものだとわかっていた。
『ねぇ、真実の瞬間ってさぁ・・・どんなんかなぁ?』
『はぁ?・・・死ぬ程こわいものだって。』
『あのさぁ、なんかさぁ、だったらさぁ・・・ホリーバーバリアンに逢いに行こうや!』

確かに僕等はもろかった。
君は泣いていた。僕は気付いていたけど、そっぽを向いた。僕だって。。。
あの特別な場所から飛び出して そうせずにはいられなかった。
ふたりで決めた。親にも、友達にも、学校にも、誰にも内緒で ふたりで決めた。
突然めまぐるしく雪崩れ込んできた未来が僕等の手の中から溢れ落ちそうだったんだ。
『ねぇ、終わらないもの・・・ってあるんかなぁ?』
『はぁ?んなもん、ねぇよ。何にでも終わりは来るの!』
『そうだよなぁ。・・・ぢゃぁさぁ、ちゃんと・・・ちゃんと終わらせんとな。』
『ひゃひゃひゃ。ばっかみちょう。まだ始まったばっかぢゃんか。』
『ひゃひゃひゃ。ほんま僕等ってさぁ、ばっかみちょう!』


今日も元気だ、ガリガリ君がうみゃあ。リッチVer.はいまいちガリガリ感が物足りねぇ。
こんちや。修学旅行の小学生に値切られる、居残り番ちょ イチムラっす。
基本、晴れの日にはキョロキョロ物陰をチェックして野良猫を追い駆けてモス。
いやいや、あのね。
これからの季節 あたくしの妖怪アンテナが湿気にヤられてボゥワアっとなって
ヤル気も精気も正気も婚期も、何もかもが失われて逝く時期なんですが、
(ぬわんだとっ!今さらっと誤変換しやがったなぁ!こんちくしょおぉ!・・・泣)
どうやら そうもヘラヘラばかりしておれんのんです。
もはや、「たんこばきぼじ」なのか「たんこぼきばじ」なのかなんて事はどうでもいい事なんす。
あの頃の『僕等』が感じた何かが、今此処にどう在るのかが知りたいんす。
よっしゃ。でんぐり返った明日の夕焼けを、いっちょ笑い飛ばしに逝って来るよ。
んぢゃね。 ちゃお。






メランコリック☆迷子 
2008.04.12 Sat 12:15
なんてこったぁ、このザマぁ・・・。
泳ぐ視線の先に だらんと垂れ下がった腕が映る。
つめの奥にまで入り込んだモノが、ぢゃりぢゃりと感覚を麻痺させはぢめる。
この女は誰なんだ?この肉は一体ナンナンダ?
聞こえてくる音は空っぽの冷蔵庫の、あの、ため息。
足の裏にひっついたまんまのガムに、さらに黒猫がくっついて、
黒猫はビー玉を飲み込んで ペンタトニック音頭で宙返り。
シャーペンの芯で造った方舟が月の裏側から見つかっちゃったもんで、
こりゃあ・・・始末書&減給、もしかしてクビとんぢゃうかもな。
取扱説明書をめくり、「手錠の外し方」にアンダーラインを引き
携帯電話をタイムカプセルに容れて 埋め立てごみの日に出した。
そう、あたしは気がついたのだ。
どうやら、あたしは迷子になってんぢゃん。。。

あははははははははは。は。(笑泣)
こんちや。御ぶたさんで失礼致しておりモス、
なにげに足の裏にシップを貼って寝ると 朝にはその形は無く、
忘れた頃にクルクル丸まって棒状のそれが
お布団にへばりついてるよねぇ、イチムラっす。
ある日突然、それは前触れもなく 忽然と目の前から去って逝った。
い、いや・・あたしが悪かったの、全てあたしに非があったのよ。
あたしがあんまりにも「ちゃんちき」出来なかったから、
なぁにが「ざんまい」だよ!って、ボギャンとバグったのよね。
ごめんにゃさい。ほんとおに・・・グスングスン・・・メソメソ・・・
・・・ はいっ。 気を取り直して・・・
「ちゃんちきざんまいGT-R与太郎編、はーぢまーるよーーー。」
またもや蚊音屋殿に泣き付く術しかなかったのですが、
本当に何からナニまで、感謝し尽くせませぬ。ぬー。
ただ、見たことも無い記号!?が並ぶキーボードを、た、たぶん・・・で
打ってる時点で もっぺん逝ってきモース。ニヤニヤ。
んだば、次回 「またもや自爆!さては確信犯かっ!」お楽しみにぃ。
・・・ちゃお。






星の綺麗な夜に逢おう☆ 
2007.12.26 Wed 09:30
なんだ?
さっきから耳鳴りがすると思ってたら…
どうやら頭の上の方が騒がしいんだ。
遥か天空の彼方で、冬の星座たちがヒソヒソと噂話をしているよ。
ピンと張り詰めた漆黒のスクリーンをゆびで弾いて
銀色のグラスに なみなみと注がれた夢物語を飲み干してる。
そこから眺める風景は さぞかし滑稽だろうね。
『ぎゅっと、奥歯を噛みしめて泣きたい気持ちなのに
  どうしてこんなに絡まっちゃったんだろう。』
色とりどりに瞬くばかりの宝石達は、ちゃんと見ている。
何をお願いしようか‥?何を許してもらおうか‥?
むくれっつらした身勝手な生き物を、どう思う?
深く深呼吸をして、12月の透き通った空気を爪先から頭の
てっぺんまでいっぱいにしたら やんなきゃいけない事があるね。
何を選ぶのか、それが肝心なんだと知った時、
いつの間にか耳鳴りは止んでいた。
時を超えて HELLO AGAIN。
大切なものを見失い、追い込まれた瞬間からはぢまる
とてつも無く孤独でながーい時間が、こんな症状でお困りでは?と
ぱっくりアケッピロゲCMが、恐怖です。
最強の地球外生命体と最悪な地球外生命体が、此の星で戦うどころか、
プレデ●アン‥って・・・ 御願い、よそでやってぇ。
おっかない事が歳を重ねるほど増えていく。
そして、また明日ひとつ歳をとる。
どうか臆病になりませんように。自分。
愛を込めて。ちゃお。






暑中☆御見舞うゼ。 
2007.07.30 Mon 10:41
あ"ぁぁあぁあ。
『こんな筈ぢゃない…。そんな心算ぢゃなかったのに…。』
突然の夕立にやられ、都合の良い雨宿りの場所も見当たらず
容赦ない季節の洗礼に 唯々、立ち尽くすしかなかった。
ダレノユウコトモ聞かなかった。コワイモノナンテ何もなかった。
やりたくない事はやらず、やりたい事だけ他人に迷惑をかけてでも
やんなきゃ気が済まなかった。独りで出来ると思ってた。
何でも思い通りになると思ってた。必ず明日は来ると信じてた。
闇が訪れる度に震えながら朝を待つなんて‥
誰かに側に居てもらいたくて媚びた馴れ合いに崩れ堕ちるなんて‥
不甲斐ない己に嗚咽する日々が来るなんて‥
あの日あの時、灼熱の頃にはこれっぽっちも思ってはいなかった。
   皆々様、暑さ厳しき折から愛を込めて        
           暑中御見舞い申し上げモス。 2007年 夏。

こんちや。エアコン全開で布団に包まって寝ているのに
毎晩悪夢にうなされてヤな汗をかき、そのまま夢遊病の様に冷凍庫をあさり
ガリ〇リ君一気食い後にコホコホってなるイチムラっす。
甥っ子の名前が突き刺さった朝顔の鉢に初物の一輪が、
まるでコドモ〇ンコの如くスタンバイしました。目覚めよ、大輪。
あぁ~たぁ~らしいあっさが来た!希望の朝だ!!
意気込んで早起きしたのに…おかん、スタンプカードに毛糸の紐付けるなよぅ…
チクチクするんだよぅ…。
何時になくメランコリック。何処となくメタボリック。ねっ。
ぶくぶく。ブクブク。知らぬ間にいらん物がこびりついてしまってそれはそれは醜い姿と化し、
次から次へと連鎖を引き起こすとゆう世にも恐ろしげなシンドローム。
ネバーランドへの入り口なら大歓迎だけど、スピリチュアルがメタボっちゃうといただけない。
(オーラが何色とか関係ないッス、あしからず。)
今朝のTV芸能NEWSを見て一言。『三日月が満月になっちゃった』  ダ、誰ダヨ?
心の中の空席がひとつ、あったまりました。死を告げる天使こと、
オスカー君(2歳・オス)。 是非ともググってその御姿を御覧あそばせよ。
完敗です。今宵はオスカー君と もふもふねむねむ。。。
運良く悪夢にうなされて目覚めたら、また逢いましょ。
ぢゃあね、にゃあお。






春です☆春なんです。 
2007.03.28 Wed 09:23
春雨降り止まぬ候、そんなもどかしさもまた この雨が上がったら訪れる
新しい季節に何かを期待させるものなのか‥と、一興せし弥生三月。
ぷくっと丸みを帯びたふくらみが ぽわっと弾けて初々しくはにかんだ 或る日の昼下がり、
桜色のブラウスを身にまとい切りそろえた前髪を少し気にしながら
君は軽やかに目の前を通り過ぎてゆく。
すれ違いざまに偶然交わされた視線が引き離されるまでのほんの一瞬の出来事は、
頭の中をまるで青春映画のワンシーンの様に淡いスローモーションで360度ぐるぐると廻り続けた。
薄い貝殻のボタンひとつ開けた君の胸元を悪戯になでた春風は
フワリとなびき君の足元から舞い上がり、甘くこの鼻をかすめてひらひらと咲き誇る
花弁を踊らせた。   ‥へぇっくしょんっ。
あれから なんの根拠も脈絡も無かったけど、わかっていたんだ。
今、こうして君との運命的な再会を果たす事も。      
          そして、君は恋に堕ちるって事もね。 ‥春だね。

こんちや。何でもないような事が幸せだったと思うイチムラっす。春です!ヤマ〇キのパン祭りです!
そ~れ!それそれ!ジャムパン!食パン!焼きそばパン!!!わっしょい!わっしょい! …。
年度末のショーモナイ業務に追われて、かなりヤラれてモス。
普段 仕事の顔は持たない・作んない・家庭に持ち込まない、だるだる三原則主義なんですが、
ついついソファにチャック全開でのほほ~んとしているチャッキー
(飴玉製菓のキャラ。綿製。背負い型。チャック系。)に八つ当たりをしてしまいました。
ぽてっと転がったまま奴は観葉植物に向かって
『ガ.ガ.ガガーリン.ガ.ガガーリン.ガ.ガガ.』と何やら交信しはぢめちゃったよ。
雑務に追われてどっぴんしゃんな時に限って、ゲゲゲよろしくこのアンテナが
四方八方月亭にツーツーツーレロレロレロと無駄に感度上々になる。
なるが故に自由にならぬ苛立ちとせつなさと心強さとが、アンフェアな感じに無限ルウプするのねん。
やれやれ、ちょいと此処らで否めないイノベーションなのか。
まずは【ポイントシールを冷蔵庫にぺたぺた撲滅キャンペーン】の旗揚げなのか。
最早やっつけなくちゃならぬ事すら見失ってモス。
桜舞い散る頃には何んとかなってる事を希望しモス、自分。
んぢゃねん。ちゃお。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。